スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親知らず抜歯・・・その後

結局抜歯をしたのは19日でした。
麻酔はちょっと痛かったけど、実際の抜歯はあっという間でした。
歯って「押して抜く」って知ってますか?
先生はすごい力で歯を押してきます。
その間、耳には「めりめりめり・・・みしみしみし・・・」と嫌な音。
抜く時の痛みはありません。

お昼過ぎに抜けて、その日は夜までず~~~んという鈍い痛み。
出血もなかなか止まらず、夕方になってやっとガーゼを外しました。
ご飯は痛みもあったので、メロンパンを小さくちぎって
口の左の方へ押し込み、唾液で溶かして食べました。
口の中は血の味。
しかも抜歯の跡は、ぽっかりと穴。
ここにご飯粒が入ったらどうやって取ろうと思ったら
食欲もなくなりました。
夜9時頃、どうしても痛みが我慢できずに、痛み止めを飲みました。
するとすぐに効いて楽になりましたよ。
早く飲めばよかった~~~
おかげでぐっすり眠れました。

次の日も痛みは無し。
ここの先生は腕がいいと思います♪

次の日は消毒。
抜歯したところの隣は、軽く歯ブラシを当ててもいいですよ~とのこと。
でも、怖いわ~~~
手元がすべって傷口にいっちゃったら大変!!
まだまだ用心深く歯磨きをしています。

今日は、右上の歯の歯石を取りました。
結構ガリガリやってました。

GW明けは、上の前歯の周りをお掃除して、
だんだんに矯正の資料取りをしていくそうです。

矯正装置がつくまでは、まだまだかかりそう。
スポンサーサイト

親知らず抜歯のはずが・・・

4月12日(木)

ドキドキしながら、順番を待っていました。
治療の為、椅子に座ると
「流れからいくと今日は親知らずの抜歯なんですが、
上の前歯が色変わっちゃってますね。ここも治してあげたいんですけど、
どうしますか?」

(え~~~、話が違う!心の準備もしてきたのに~)

「土曜日に人と会う約束があるので、前歯をお願いします。」

ということで、今日は前歯の治療。

古い詰め物を取って、新しく埋めなおします。
先生はとっても手際がいい。
あっという間にキレイになりました♪

歯周病の検査もしたのですが、前回より改善されているとのこと。
なぜか先生も嬉しそう(笑)

「では、来週抜歯します。それと、上の八重歯の周りの歯石や汚れを取りますね。それで(矯正に)行けちゃうんじゃないかな。次は広範囲になりますので、お食事を取ってきて下さい。」

いよいよ抜歯か~
上の前歯もキレイになるのね。嬉しい~
ここ数週間で私の歯は数段キレイになっていました。
矯正装置をつける日も近いかも!

親知らず抜歯を告げられる

4月9日(月)

今日は上の歯のクリーニング。
といっても、前回よりは短い時間でした。
そして、次の時に右上の親知らずを抜くことになりました。

抜歯なんて何年振りかしら~~~

H歯科にて一般歯科受診

4月2日(月)

10数年ぶりの歯医者さん。
やっぱり緊張します。
今日の診察の印象で、矯正をどちらの病院で受けるか決めるんですもの。

順番が来て、椅子に座ると
「まずは、口内検査をします」
「7番C1・・・」
学校の歯科検診みたい。
右上の親知らずが虫歯なので、後日抜くことになりそう。

続いて歯周病検査。
これは細い針のようなもので歯周ポケットの深さを測り
さらに針を刺して出血の有無を調べます。
歯周病はひどくはないけど、歯茎に炎症が起きている箇所あり。

レントゲンも取りました。
今は部屋が暗くなったりしないのね。
顔は固定されていて、撮影器械が顔の周りを一周します。

最後に下の歯のクリーニングをして終了。
とっても丁寧にやってくれましたよ~
汚れや歯石、歯垢がすっかり取れました。
キレイになると気持ちいい~~~♪

この時点でY歯科での矯正は無くなっていました。

矯正相談「Y歯科」

3月28日(水)

予約は5時15分。
Y歯科に着くと、待合室には二人だけ。
しばらく待っていると名前を呼ばれました。
診察室には誰もいません。
歯科衛生士の女の子が一人と、一番奥の椅子に先生らしい男性が一人。
この女の子、マスカラばっちり、髪は二つに分けて結んでいます。
今時の若い女の子って感じで、ちょっとこの子に歯石を取ってもらうのはイヤかも~(笑)
そういえば、受付の人はもう少し年がいってるけど、マスカラ上下にバッチリだったわ~(笑)

先生は小柄で若くて優しい口調の先生でした。
エプロンもつけずに、まずは歯を見せました。

「歯はしっかりしているので矯正は可能です。
抜歯は必要になりますね。どうしてこの年齢になって矯正をしようと思いましたか?」
「小さい頃からコンプレックスで、今矯正しないと一生この歯のままでいなくてはならないからです。大人でも矯正できると聞いたので思い切って決心しました」

費用は65万くらい(H歯科より若干安い)
分割払いはないが、年2回に分けて支払うことは可能。
装置の不具合等は、院長先生が対応します。

先生の感じは優しそうで好感が持てるけど、
矯正に対しての積極性に弱いかな。
いちおう説明しました。後はご自身で考えて下さいねって感じ。

「H歯科の先生は、2ヶ月くらいでキレイになっちゃいますよ。
(2ヶ月あれば、かなり歯は動くらしい)
顎の手術、何なら私が大学病院で執刀しますから。」
と、かなり積極的(笑)

Y歯科の矯正の先生に若干の物足りなさを感じつつも
果たしてどちらに決めたらよいのか、ちょっと不安な私でした。
あまりに両極端な二つの歯科。
あ~どうすればいいの!

とりあえず、来週のH歯科での一般歯科で、様子を伺ってから
決めることにしました。

矯正相談「H歯科」

3月26日(月)

予約は11時半。
朝から落ち着きません。
あ~緊張する。
緊張するとおなかが痛くなる私・・・(苦笑)
待合室でドキドキしながら待ってると、名前を呼ばれました。

診察室に案内されて、治療の椅子に座るとエプロンをかけられました。
その後問診があり、いよいよ先生の登場です。

「矯正相談ということですね。では、まず歯を見せて下さい」
(あ~~~、こんな歯見せたくない~~~)
しばらく口の中をいろいろ見て・・・

・大人の矯正は時間がかかること。
・抜歯が必要。
・費用は7、80万かかり分割払いも可能。
・虫歯や歯周病の治療をして、キレイになってから装置をつける。
・顎が歪んでいるので、外科手術をするとキレイになる。

大体の説明を受けました。
ここは、歯の治療と矯正を一人の医師が受け持つことができるので
私の場合は院長先生が一貫して診てくれるそうです。

まずはいくつか虫歯もあるので、一般歯科で治療してから
矯正に必要な検査をしましょうとのことでした。

先生は丁寧に説明してくれました。
今までに3000件の矯正を受け持ったそうです。
この先生なら任せられるかも・・・
気をよくした私は、帰りに予約をしました。
それは一週間後・・・

とりあえず矯正が可能とわかったので、ちょっと安心しました。
よ~し、第一関門突破したわ~

家族へ話す

相談を受ける歯科医院が決まったけど、この時点では家族(主人)には矯正のことを話していませんでした。
家族にさえ話すことを躊躇してしまうくらいのコンプレックス。
話すタイミングが難しい~
なので、メールで伝えました(笑)

「歯の矯正をしようと思うんだけど、いい?」
「話を聞くよ」(そうよね~、メールで「そう、いいよ」とは言えないわね~)

小さい頃から歯並びが悪いことがコンプレックスだったこと。
矯正には2年以上かかり、費用は7~80万。

主人は、そんなに気にしているのならやればいいよ、と言ってくれました。
でも、普通に生活できるのかと心配してくれました。
歯にワイヤーをつけるけど、食事も普通にできるし、歯磨きをしっかりすればいいだけだよと教えてあげました。

主人に話して、肩の荷が一つ下りました(ほっ)

さあ、もうすぐ相談日がやってきます。

矯正歯科選び

さて、矯正をしようと決心したら、まずは歯科医院を選ばなくては。
信頼できる医師がいることはもちろんだけど、どうやって探したらいいのか。
そこで私は、ネットの口コミで探しました。
長く通うことを考えたらやっぱり市内。
でも、矯正を専門にしている歯科医はなかなかありません。
一般歯科の中に、専門外来として矯正歯科を置いているところがほとんど。
その場合は、月に数回、外部から矯正の医師が来て診療を受け持ちます。
でも、それだと例えば装置に不具合が悪くなった時など、すぐに対応してもらえません。
それでは不安なので、歯科医院に矯正歯科の先生が常駐しているところを探しました。
すると、事務所の近くにありました。
H歯科は院長先生が矯正歯科専門医です。
ここなら安心!
ネットの口コミを調べても、説明が丁寧で治療もうまいと書いてありました。
念のため、一般歯科で矯正もできるところも選んで、この2つのうちのどちらかに決めることにしました。
さあ、ここから勇気が必要です。
まずは無料の矯正相談の予約です。
最初に電話したのは、一般歯科のY歯科。
ここは矯正歯科は一ヶ月に一度だけ。
運よく数日先の予約が取れました。
予約の時に年齢を聞かれました(恥ずかしい~)
その数日後に、H歯科に電話をしました。
ここは名前を聞いただけ(大丈夫か?)
予約はY歯科より前の日でした。

さあ、どっちの歯科医院になるのでしょうか。

初めに・・・

現在46歳。
この年になって歯の矯正をすることに決めました。
私の歯は、上の左右に八重歯、上下の前歯はガタガタです。
顎が小さくて大人の歯が並びきれなかったんです。
笑う時には口元を手で隠し、写真を撮る時も歯は見せられません。
30過ぎに虫歯の治療でかかった歯医者さんに
「歯並び気になりますか?100万くらいで治りますよ」と言われました。
当時専業主婦だった私は、100万円という金額にビビッてしまい
その時は虫歯の治療だけで済ませました。
今思うと、100万円は確かに高いけど、その時矯正をしていれば
今は少なくとも普通に笑えたのに・・・とちょっと後悔しています。

歯並びにコンプレックスを持ってるとはいえ、日々生活していれば
ご近所付き合いとか学校関係とか、人と接する機会はたくさんあります。
私と会って歯並びのことを話題にする人はいません。
みんな触れないようにしてくれてるのだと思ってます。
私は口が小さいので、喋ったりする時にもあまり歯は目立たない方かもしれません。
でも、気づく人は気づいてるでしょうけどね。
一生この歯で生きていくのだろうな~と思ってました。

では、なぜ今になって矯正を決心したのか。
それは前から続けているブログの中で親しくなった方に
会ってお話しませんかと誘われたから。
それがきっかけ。
もちろん矯正は簡単にはできません。
いろいろ検査もあるし、抜歯も必要です。
その方に会う時には矯正器具だって付いてるはずがありません。
でも、私自身の気持ちを決心させるきっかけを作ってくれたということで
その方には本当に感謝しています。
このことがなかったら、ずっと死ぬまでこのままだったでしょう。
八重歯のあるおばあちゃん、かなり変ですよね(笑)
何年か後には口元を隠さずに普通に笑える日が来るんです。

この記事を書いている時点で、すでに矯正歯科に通い始めています。
このブログでは、矯正歯科を予約する前から順を追って
私の矯正について全て記録していこうと思います。

もし、同じ悩みを持っていて矯正しようか迷ってる人が、
このブログを読んで、勇気を持って決心できたら、私も嬉しく思います。
実際、私も矯正をされている方のブログを読んで勇気をもらいましたから・・・
では、これから始まる歯列矯正日記。
長いお付き合いになるとは思いますが、よろしくお願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。